レディ

利便性の高い地域で住宅を購入するために不動産会社をしっかり選ぼう

新築一戸建てとは

一家

一戸建ての仕組み

新築一戸建てには、未完成の注文住宅と、完成済みの分譲住宅があります。中野区で新築のマイホームを購入する場合は、注文住宅にするか分譲住宅にするか決める必要があります。注文住宅の場合は、中野区で土地を探します。そして不動産会社で不動産売買契約をして、家を建てる土地を購入します。その前に施工会社に現地調査をしてもらい、地盤調査をするのが一般的です。予算が十分にあれば、「こういう家に住みたい」という希望を通すことができるのが注文住宅です。ただし、土地の不動産売買契約から入居までには1年以上かかります。もっと早くマイホームを買い替えたいなら、分譲住宅がお勧めです。分譲住宅ならすでに完成してあるので、不動産売買契約後すぐに引越しができます。注文住宅の場合は土地と家の費用がかかりますが、分譲住宅の場合は土地と家のセットの値段です。そのため、中野区で土地を購入して家を建てるよりもずっとコストカットができます。ただし、分譲住宅はすでに間取り、設備、広さ、収納などが出来上がっているので、それに合わせて生活をする必要があります。隣近所と同じような外観をしているので、オリジナリティーに欠けるのも欠点です。広いバスルームがいい、二世帯住宅がいいという希望がある場合は、それにあった分譲住宅を探す必要があり、そうすると選択肢が狭くなります。どうしても譲れない条件がある場合は、中野区に絞らず、エリアを少し広げて探すと見つかることがあります。